Admin
お酒と人生、
お酒を美味しく、楽しく飲みたい、肴は旬の美味しいものが好き、
  ------ ----
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |
  20090507 0702
アイルランド1 アイリッシュ
スコッチウィスキーを知ろうと色々調べると、つい、アイリッシュウィスキーへ行ってしまう。
アイルランドのアイリッシュウィスキー、ウィスキーの起源でも有る、
ウィスキーとはケルト文明の発明とされ、その名称はゲール語『ウィシュケ・ベッハ(命の水)」に由来する。
ここからがもう迷路の迷宮に入り込んでその世界を徘徊しまわってしまう。

アイルランド、ユーラシア大陸の一番東の端が日本なら、アイルランドが西の端、
その文化、風土、宗教に思いを馳せると堪らない魅力を感じてしまう。
アミニュズム、ケルト文明、妖精が棲み、偉大な文学の大国、アイリッシュ人、

司馬遼太郎は日本の歴史小説の大家で有る事は有名、日本を代表する作家で、思想家とすら言える。
その司馬遼太郎、以外に中国の歴史、西洋の歴史に精通している、長年に渡り、日本の戦国時代や明治時期の歴史に没頭していた頭脳はいつの間にか西洋の歴史にも卓越した感性で捉えていた事に感動すらする。
司馬遼太郎の小説は確かに面白い、考えさせられる面も数多く、一種の思想書・宗教書的面すら有る。
その海外を題材にした街道を行くの旅行記がなんとも素晴らしい、台湾紀行やポルトガル紀行、バスクへの思い、そしてこれも秀逸と言えるのか『愛蘭土紀行』
その愛蘭土紀行!
『アイルランド人は、客観的には百敗の民である。』
しかし当のアイルランド人は一切そのように思っていない。
主観的には不敗だと思っている。
それは教科書で教えられてるわけでもなく、ごく自然に、しかも個々にそう思っている。
誰がなんと言おうと、自分、自分族の敗北を認める事がない、
この事はアイルランド人以外には持つ事がなさそうで有る。
またこの幻想という特異な能力が介在している事は確かで有る。
それと自己に対する崇拝心というべきものがアイルランド人の重要な要素で有る。
と、司馬遼太郎は云う。
この愛蘭土紀行はアイリッシユ好きなら是非、一度、読んで頂きたい。

スポンサーサイト
アイリッシュ | CM(0) | TB(0) |
  20090506 0118
ワイルドターキー
ワイルドターキー!、
一体何種類あるのだろうか?
最高は17年まである、
ショットは ワイルドターキー スタンダード・・・・・¥500
                  8年・・・・・・・・・・・¥600

ボトルは全部で 10種類超 スタンダード・8年・12年・14年・15年(2種類)・17年・リアブリード・グリーン・その他、1リッター・1,7リッター、記念ボトル等
kitayama 092
未分類 | CM(0) | TB(0) |
  20090503 0021
メニュー スコッチ アイラ地区
アイラ地区   アイラ島 島全体が蒸留所のような島
Islayはアイレイと読まれる場合もあるが、正しくはアイラ。
インナー・ヘブリーデス諸島の最南端
モルトは「潮の香り」がするといわれる。スモーキーで独特のピート(泥炭)香をもつ。

アートベッグ(Ardbeg)   『小さな岬』との意麦芽に焚き込むピートの濃度はアイラ島でも最も高く(50-55ppm)、スモーキーでピート香も強いが、蒸溜釜に取り付けられている再留器の働きによりフローラルな香りも付加され、高い評価を得ている。一時休業していたが1997年に操業を再開。
アートベック10年・・・・・・・・・・・S  ¥600-/      ¥12000
アートベック ウーガダール・・・               ¥15000

ボウモア(Bownore)    オーナーがサントリー
ピートの香りとシェリー樽の香りとがバランスよく香り、食後酒に最適の酒である。
ピート香とスモーキーさが強調されるアイラ・モルトの中にあって、バランスの良さ、多彩な風味 
ボウモア12年・・・・・・・・・・・・・S  ¥600-/  ¥10000
ボウモア15年ターゲスト・・・S ¥800-/     ¥12000
バーボン樽で12年、シェリー樽で熟成、チョコレートのような香り、ボウモア伝統のスモキーな香りの絶妙なハーモニー、
ボウモア17年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ¥15000  円熟の深み、華やかなピート香
漫画『おいしんぼ』で幻のモルトとして紹介され、一躍大人気、シエリー絶品のスコッチ、
ボウモア25年 シングルモルト・・・・・・・・・・・・・・・・¥80000 
最もバランスの取れたアイラモルトと自ら公言する自信作
ボウモアはその時期により、サーフ、15年マリーナー等の在庫が有る場合もございます。

ブナハーブン(bunnahabhain)ピートをほとんど焚かないのでアイラ・モルトの中では最も軽い仕上がりの酒であるが、濃厚な味わいを持つ
因みにジョージ・ブッシュ(父)が愛飲しており、彼が大統領であった頃は、ホワイトハウスのパーティでは必ず飲まれた。
カティサークの原酒のひとつ。  エジンバラのお土産センターで一番売れている。
ブナハーブン12年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥12000

カリラ(Caolila)   カリラはゲール語でアイラ海峡(サウンド・オブ・アイラ)ピート香と舌に残る辛みが印象的な酒。アイラ島最大の生産量、
主にジョニー・ウォーカーなどのブレンド用に使われており、かつては入手が難しかったが1989年にオフィシャル・ボトルが発売され出回るようになった。
カリラ 12年・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥600       ¥10000
カリラ 15年・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥800       ¥12000

ラガヴーリン (Lagavulin)
アイラ特有の深いピート香とスモーキーさを持つ一方、その滑らかな風味で多くのファンを持つ。
ホワイト・ホースの主要モルトとなっている。シングル・モルトとしては16年ものが主流。
ラガヴーリン 16年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥13000

ラフロイグ(Laphroaig)全モルト中、最も個性的と呼ばれるモルト。
「消毒薬のようだ」と揶揄されるほどに強烈なスモーキーなピート香は好悪の分かれる。 ラフロイグ蒸溜所がピートを切り出している場所は大量の苔を含んでおり、これが独特の風味、ヨード臭を生むと言われている。
ラフロイグ・・・・・・・・・・・・・・・・S ¥600      ¥11000
未分類 | CM(0) | TB(0) |
  20090502 2351
アラン蒸留所 THE  PEATED ARRAN  60度
アラン蒸留所 THE  PEATED ARRAN  
1995年にスコットランド西海岸のアラン島に蒸溜所がオープンして以来、
モルトファンの注目を浴び続けているアラン蒸留所から2004年より少量のみ蒸溜されているピーティカスクが遂に登場。
フェノールは程よい20ppmでスモーキーさもありながらアランモルトのフレーバーをしっかりと残しています。
arann

アラン2004シェリーカスク
シェリーカスクは香りからフェノール感抜群でフルーツや塩漬けされた桜が出てきます。口に含むと60%のパワーと共に口の中にスモークとミルクチョコレートが充満して凄いボリューム感をかもし出します。
カスクナンバー 98  ボトルナンバー 314本のうち240番
スコッチ物語 | CM(0) | TB(0) |
| ホーム |
❖カテゴリー
❖プロフィール

李白神之助

Author:李白神之助
FC2ブログへようこそ!

❖最近のコメント
❖最近の記事
❖最近のトラックバック
❖月別アーカイブ
❖天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Copyright © お酒と人生、.
Design by ShuLiu

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。